肥後象がんとは

肥後象がんとは400年前から伝わる、熊本の代表的な伝統工芸です。
国指定伝統的工芸品としても認められています。
純金を使った緻密な細工に定評があり、
江戸時代には、刀の鐔の装飾に用いられるなど、武士の「ダンディズムの象徴」として扱われておりました。
現代ではアクセサリーなどの装身具に肥後象がんを施した作品も多く、
熊本を訪れる観光客にも人気の工芸品となっております。

きのアート工房では、肥後象がん体験も行っております