「きのした ようこ」について

「きのしたようこ」は、熊本県熊本市で活動する、肥後象がん・彫金作家です。
武蔵野美術大学を卒業後、彫金作家として活動を開始。
その後、活動の幅を広げ、国指定の伝統工芸品「肥後象がん(ひごぞうがん)」の作品も手がけるようになりました。

彫金や肥後象がんの伝統技法を尊重しつつも、
自由な発想とデザインで「身につける人を楽しくさせる」作品づくりを心がけています。

「きのしたようこ」の彫金や肥後象がんの作品は、熊本市東区錦ヶ丘の「きのアート工房」にて展示・販売しております。

肥後象がんとは

肥後象がんとは400年前から伝わる、熊本の代表的な伝統工芸です。
国指定伝統的工芸品としても認められています。
純金を使った緻密な細工に定評があり、
江戸時代には、刀の鐔の装飾に用いられるなど、武士の「ダンディズムの象徴」として扱われておりました。
現代ではアクセサリーなどの装身具に肥後象がんを施した作品も多く、
熊本を訪れる観光客にも人気の工芸品となっております。

きのアート工房では、肥後象がん体験も行っております

きのアート工房のご紹介(作品の展示・体験)

きのアート工房では、「きのしたようこ」の肥後象がん作品・彫金作品を取り扱っております。
肥後象がんや彫金以外にも、流行のトンボ玉などジュエリー関連の手作り作品を多数用意。
ネックレス、ブローチ、指輪、香炉や刀の鐔などのオーダーメイドも可能です。
お祝いごとや、贈答用のギフト、肥後象がんを用いた家紋の作成も承ります、お気軽にお問い合わせください。

肥後象がん体験

熊本観光の方に人気の「肥後象がん体験」も開催しております。
詳細は以下をご確認ください。
肥後象がん体験

取り扱い商品

指輪(リング)、ネックレス、ブローチ、ブレスレット、ピアス、イアリング、チョーカー、帯止め、ネクタイピン、カフス、香炉、茶器、根付、ストラップ、その他小物。ジュエリー全般、装身具、紳士アクセサリー。
※修理、サイズ直し相談可能(他社でご購入のアクセサリー類でもリペア可能です、ご相談ください。)
※各種オーダーメイド承ります

営業時間

水・木・金・土、11時〜19時(のれんが出ていたら開店日!)
※作品展等へ出品している場合、上記の曜日・時間帯でもお休みをいただいている場合があります。
※上記以外の曜日・時間帯でも、事前にご連絡をいただければ開店することも可能です。

アクセス


住所:熊本県熊本市東区錦ヶ丘15-15
電話:096-369-2815
駐車場:あり(3台)

公共交通機関でのアクセス

  • 阿蘇熊本空港からのアクセス:産交バス 「阿蘇くまもと空港リムジンバス」で、「自衛隊前」下車、徒歩4分
  • 熊本駅からのアクセス:産交バス「県14」,「県16」,「県18」系統に乗車、 「錦ヶ丘住宅前」下車、徒歩3分
  • 交通センターからのアクセス:産交バス「県13」,「県16」,「県18」系統に乗車、 「錦ヶ丘住宅前」下車、徒歩3分
  • 熊本市の市街地からのアクセス:産交バス「県13」,「県14」,「県16」,「県18」系統に乗車、「錦ヶ丘住宅前」下車、徒歩3分

お問い合わせ


1

←送信前に問い合わせ内容を確認してチェックボックスをクリックしてください。

お電話の場合

096-369-2815(木下宅)
※営業時間帯(水・木・金・土、11時〜19時)のみ対応可能、お気軽にお電話ください